2013年8月アーカイブ

便秘を改善する時に、食べ物をあえて食べないというのは効果的な気がします。
私も実際に便秘が酷い時は、これ以上食べたらどんどんお腹に便が溜まっていくのだと感じ、それ以来は食事量を減らしました。

あくまで何となくの感覚だけで便秘対策として行った行動です、しかし、結果としては余計に便が出なくなり酷い目に合いました、
食事量を減らせばそれはそれで便秘になりやすいのです。

ダイエットが便秘に繋がるという事は今でこそ解っているのですが、当時はダイエットは便秘に良いと思っていました、
しかし、食事量が減ると、それはそれで便を作る能力が低下し、便を排泄する力も弱くなってしまうのです。

改善の方法としては食物繊維を多く取り入れて、便量を増やして腸の動きを活発にするのが良いです、食物繊維はカロリーも少ないですし、
腸を掃除してくれる効果も高いのです、なので便量を増やして腸の蠕動運動を促すと、排泄能力も高まって、
結果的に腸内に便を滞留させなくなってくれるのです。

一時的に宿便を取り除き、胃腸を休める意味で、あえて食事を取らない日を作るというのは効果的ですが、
継続的に食事量を減らすと便の排泄能力が低下して結果的に便秘が酷くなるので気をつけた方が良いです。

頭皮の脱毛の原因の一つに食生活が影響して来ます。
その脱毛予防の為に必要な成分が含まれている食材を摂取する事が大切になるのかと思います。
ミネラルやタンパク質またビタミンは必見です。
毛髪に直接影響を与える栄養素と言ったら、ミネラルとタンパク質です。
このミネラルとタンパク質は毛髪を強く太くする作用が働きます。
逆にこのタンパク質とミネラルが不足がちであれば毛髪が細くなる可能性がある事になります。
ミネラルの中で特に亜鉛が不足してしまうと、脱毛の要因となってしまいます。
毛髪の成分は特にタンパク質で出来ていますので、タンパク質が多く含む食品を摂取する事が大事になって来ます。
魚、お肉、大豆など、豆乳なども良いかと思います。
血液をサラサラにする為にも、水分を多めにとっても良いのではないでしょうか。
その他、脱毛症の予防に良いとされる食材は、
海草類、雑穀、フルーツ、ほうれん草、緑黄野菜、レバー、繊維質を多く含む物、飲み物では緑茶など、
これらの食材を上手に使った料理などを取る様に心がければ、脱毛予防にもなりますし、何より体自体が健康になりますので
良いのではないでしょうか。
頭皮の為、健康の為に考えてみてはいかがでしょうか。
中高学生時代はほとんどニキビの出来なかった私ですが、大人になってからのニキビには悩まされています。
ニキビをつぶしてピュッと白い角質を出すのが大好きで、ニキビが出来たら毎回つぶしていました。
しかし学生時代には出来なかったニキビ跡が、20歳を過ぎてから出来るようになってしまいました。
肌質も悪くなっていき、ストレスからかアゴに大量のニキビが出来てしまうようになりました。
これではまずいと思い、自分なりにニキビケアをするようになりました。
ニキビは皮脂が原因で出来るものだと思い込んでいた私は、洗顔は念入りに、さっぱりタイプの化粧水に、こまめに脂取り紙を使うなどして、
徹底的に皮脂をなくすように心がけました。
しかし努力の甲斐なくニキビは治りません。むしろ少しづつですがひどくなっていくような気がしました。
ニキビだけでなく、ほっぺはカサカサしてしまい、見事な混合肌の出来上がりです。
あまりにも肌が汚くなってしまったので肌質チェックをきちんとしてもらうことにしました。すると自分は乾燥肌だと言うではありませんか。
皮脂を取ることは私にとってマイナスでしかなかったのです。
そこできちんとチェックをしてもらい、適切なスキンケア方法を教えていただきました。
ストレスがあるとニキビは出来てしまいますが、前ほどひどくなることはありません。きちんとプロにチェックしてもらい、
適切な処置をすることが美肌への近道だと思います。"

MTBlog50c2BetaInner

2014年6月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリ

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)